『自然からの贈り物』のご案内~齋理屋敷11月企画展

🎀日時:2019年11/6(水)~11/24(日)
 9時半~17時。月曜日は休館日。金・土・日は会場に居ります。

🎀会場:齋理屋敷(さいりやしき)
 〒981-2165 宮城県伊具郡丸森町字町西25  電話:0224-72-6636
 アクセスなど詳細はコチラをご覧ください。
 入場料:大人¥610 。 JAFカード提示で1割引き。半額になる券をご希望の方は郵送させていただきます。080-5576-1821(滝本)

🎀内容:木の実・繭・削り花・花炭などで制作した作品展示。販売品も少しご用意します。
 地元出身の書道家の作品も同時展示。日時未定ですが、ひだまり工房さんによる繭のワークショップも行います。


🎀問合せ先:080-5576-1821 はな工房チャイブ(滝本 善子)

丸森町といえば、養蚕業や織物・和紙・柿渋・炭焼き・・といった伝統的な産業が今もなお行われています。

関西生まれの関西育ちの私は、東北の豊かな自然からの贈り物に感動しました。木の実や繭・織物といったものは丸森の方々には見慣れたものでしょうが、よそからの者にはとても新鮮でワクワクするものばかりです。絹糸を生み出すために生まれてきた蚕の一生について知ることができました。繭から糸をとり、シルク生地に織りあげるプロセス、木の実の花炭等々珍しいものをたくさん見せていただきました。

今まで培ってきたフラワーデザインの技術を生かして、木の実や繭で作品を作ってみたくなったのです。いろんな材料やアイデアを提供してくれた友人に支えられての制作となりました。


🎄木の実は、丸森だけでなく、私の暮らしている仙台市周辺でも採集しました。

🎄繭は、養蚕農家さんから提供していただきました。一般に広く販売されている輸入の繭とは比べ物にならない大きさで、触り心地のよいシルクの塊です。

🎄東北では、お墓参りに使われる削り花をこの度は美しい姿に変身させたいと、お隣の白石市の方から譲っていただいたものです。

ぜひ、お友達とお誘いあわせの上、ごらんになってください!
そして、自然からの贈り物がいっぱいあるふるさとの再発見の機会となってほしい!と心より願っております。




削り花さいり[2305843009218808990].jpg

チラシ用2.jpg

チラシ用4.jpg


IMG_6560.jpg


himaraya5.jpg


プロフィール (滝本 善子)

関西生まれの関西育ち、東京で20年過ごした後、23年前に仙台に移り住みました。東北には木の実や野の花など自然からの贈り物がたくさんあることに気づきました。

特に、水と緑の輝く丸森町には、養蚕・シルク織物・和紙・炭・柿渋といった伝統的な技が受け継がれていることに感動しました。そのすばらしい文化の一端に触れたいと、仙台から車を走らせる日々です。

50歳で「はな工房チャイブ」を立ち上げ、60歳で花の職業訓練校を開校しました。本当に多くの受講生の方々や地域の方々に花のある暮らしの素晴らしさを伝えてきました。

(国)フラワー装飾職業訓練指導員
(国)フラワー装飾1級技能士
(国)園芸装飾2級技能士

Amazonから電子書籍を出版しています。

newhyosi.jpg

お客様からの質問38選_20170603153319.jpg

お客様からの質問40選.jpg