第32回 哲学サロンのご案内

画像

人の『尊厳』ということー「ある尊厳」と「感じる尊厳」

話題提供は清水哲郎先生(東京大学死生学応用倫理センター特任教授)

●6月22日(日)14;00~16;30

●旅カフェ・サマルカンド(メディアテークの晩翠通り側隣のビル2F)

●参加費;800円

●要予約;philosal.sendai@gmail.com  (T)022-347-9603 (F)022-347-9610

主催者のメッセージ
「尊厳死」とか「生命の尊厳」といった話題が、新聞等に出ることがあります。そういう時に「尊厳」という言葉に接して、「いったい何のこと?」と疑問に思う方も多いのではないでしょうか。辞書を引くと「尊く厳かなこと」などと説明されていて、これもまた、「それはそうだろうけど、どうしてわざわざこういう語を使わなければならないの?」と思うのではないでしょうか。「こう考えるとわかるのでは?」という語を清水さんがします。



求職者支援訓練 6月コースがスタートします!!


画像


今回はお迎えするのは、14期生です。
受講生の方々との訓練を毎日楽しく過ごしているうちに。。。

アソコの花屋にも~コチラの園芸店でも~卒業生の方々が活躍しているのを見せてもらうのは、一番の喜びです。講師として活動していたり、販売活動していたり・・・花を介しての活動を展開していたり・・・うれしい限りです。とても頼もしく感じています。

これからもさらに、花と緑のある暮らしの素晴らしさを地域の方々に広げてください!!



次回は10月開講の予定で、ただ今準備中です。
募集要項など資料をご希望の方には、郵送かメールでお送りします。 

資料請求⇒rose@chives.jp

教室見学も随時受付中。必ず事前にご連絡ください。080-5576-1821 実習等で留守にすることがあります。 

シャクヤク祭り★色麻町愛宕山農業公園

船形連峰をバックに初夏の訪れを告げるシャクヤク約1万株。

公園は傾斜地を利用して広がっているので、シャクヤク越しに眺める船形連峰は見事です!!

無料駐車場ありますし、常時無料開放してるので自由に散策できます。

●見頃期間(観賞期間)/例年6月上旬ですが、開花の状況によって変わります。


画像


画像


画像


画像


画像




受講生募集中(2/14まで)★求職者支援訓練『フラワーコーディネート科』

画像

3月開講コースの募集が始まっています!!

 花関連の仕事がしたい方。園芸店に勤めたい方。
 カラ-(色彩)の資格取得希望の方
 コミュニケーションやホスピタリティーを学びたい方

お申込みをお待ちしています(^v^)
≪お申込み≫2月14日まで、ハローワークで受付けてます。
------------------------------------

募集要項

■訓練内容
●学科(花卉業界、冠婚葬祭、植物学、カラーコーディネートなど)
●実習   ●職場見学   ●職業人講話   ●企業実習

----------------------------
■訓練期間
平成26年 3月24日~平成26年 6月23日  3か月間 
休講日:土曜・日曜・祝日・不定期の水曜日
 訓練時間: 9:30~16:00

----------------------------
■費 用
受講料(入学金・授業料)は無料です。
花代などの材料費も無料です。
なお、テキスト代は自己負担です。(6941円)
企業実習・職場体験・職場見学場所への交通費も自己負担となります。

----------------------------
■訓練実施場所
  仙台市宮城野区宮城野1-7ー22
  JR仙石線「榴ヶ岡」駅から徒歩8分。(500m)
画像


----------------------------
■応募方法

受講ご希望の方は
ハローワークの確認を受けた「受講申込書」を受け付け期間内に郵送又は持参により
当施設まで提出してください。

---------------------------
■募集定員
30名

---------------------------
■募集受付け期間
平成26年 2月14日まで

--------------------------
■面接日
2月21日(金)

受付期間の締切後、受講を申し込まれたすべての方に
ご案内の日時により面接選考を実施します。
面接を欠席しますと辞退とみなしますので、必ずご参加ください。

------------------------------
■面接場所
当訓練実施場所

--------------------------
■選考結果発表日
2月27日(木)

コースの合否決定日に郵送により通知させていただきます。
なお、電話等によるお問い合わせには応じかねますので、あらかじめご了承願います。

----------------------------
■職業訓練受講給付金について

公共職業安定所の指示により、求職者支援訓練を受講する場合に、
一定の要件を満たせば訓練中の生活支援として、「職業訓練受講手当・通所手当」が支給されます。

----------------------------
■その他

①応募状況が低調な場合は、コース実施を中止することがあります。

②訓練終了後、修了生には就職状況の報告をお願いします。
また、修了生本人や就職先に対して確認の連絡をさせていただく場合がありますので、
あらかじめご理解願います。

③申込時に提出された関係書類の個人情報は、各委託訓練実施施設当の
保有する個人情報の保護に関する法律を遵守し適切に管理します。

----------------------------
■訓練実施施設名
はな工房チャイブ(滝本善子)

TEL:080-5576-1821
mail:rose@chives.jp

----------------------------
≪重 要≫
●訓練実施    ●「受講申込書」の提出 ●面接実施  
下記j★印です
↓↓↓
画像

























































閖上(ゆりあげ)の朝市グランドオープン

震災後初めての朝市に行ってきました。

飲まず食わずのまま、まだ暗いうちに家を出ましたが、もうすでに賑わってました。

大曲の納豆汁、山形のヨモギそば、釜揚げetc屋台巡り〜美味しかった(^O^)


画像



画像



神戸からお菓子を売りに来ていた大学生たち、

関東~青森・岩手から、この日のOPENを祝って駆けつけてきました。

東京から来たコーラスグループ十数人が、

私たちを励まそうと宮城ゆかりの歌やアンパンマンの歌などを披露してくれて素晴らしかった。

松島ァァの…大漁ダエ・・・  白樺青空…南風・・・


カナダ政府から贈られたメイプル館も完成‼

名取ゆりあげ港朝市の全施設完成‼ また、行きたい(^O^)

辺り一帯まだまだ津波の爪跡が残っていますが、

本当に大勢の来場者の賑わいで活気に溢れた朝市でした。

来週も朝ごはんを食べに行きたいなァ(^∇^)

今後の開催は、毎週日曜日と祝日。朝6時〜13時。

詳しくは↓↓
http://asaichi.yuriage.jp/?page_id=20  


画像


画像







手打ちそば★ 嘉泉(かせん)さん

手打ちそば 嘉泉(かせん)さんで「カレーなんばんソバ」をいただきました。

カレーとソバ?? どんなお味かしら??と期待しながら早足で。

噂どおり、ボリューム満点でとても美味しかったです\(^o^)/



お店の紹介↓↓
http://s.tabelog.com/miyagi/A0401/A040101/4005096/?lid=header_restaurant_detail_photo_listhttp%3A%2F%2Fs.tabelog.com%2Fmiyagi%2FA0401%2FA040101%2F4005096%2F%3Flid%3Dheader_restaurant_detail_photo_list


画像



画像



帰りに「ろっけんぱーく」に遊びに行って、旭川のゆるきゃらアサッピーとツーショッ


画像





村田町「蔵の陶器市」

蔵開放しての陶器市に行ってきました。

63人の作家さん、東北は勿論ですが栃木や東京、愛知からも出店されてました。

歴史を感じさせる蔵の町がとても良い雰囲気でした。

雨の中ゆっくり見物を楽しませてもらいました。

かつて、紅花の交易で栄えた町とのこと、間口が狭く奥が深~い商家が並んでいます。

電話番号1番と表札に書いている由緒正しきお宅もありますよ!


高校生のボランティアさんが元気に「コンニチワ〜」「コンニチワ〜」と歓迎していました。

この若者達が未来の村田町を担っていくんでしょうネ(^o^)

美味しいそら豆うどんをいただきました^_−☆

帰りはいつもの道の駅「村田」に立ち寄ります。


新鮮野菜や蔵王のチーズ・お酒・味噌などなど地域の特産を見るのが楽しみです(*^_^*)




画像



画像



画像





11月の「新そば」祭りにも行く予定にしています!








哲学サロン

第28回哲学サロンのご案内

≪高齢期をどう生きるか≫ 医療・介護:今から考えておきましょう

◆話題提供は清水哲郎先生 (東京大学死生学・応用倫理センター特任教授)

ーーーーーーーーーーーーーーーー
★日時;9月21日(土)午後2~4時半
★会場;旅カフェ・サマルカンド(仙台メディアテイクの晩翠通り側隣コンビニの2F)
★参加費;1000円(飲み物とケーキ・資料代)
★定員;40名
★申込先;哲学サロン事務局 philosal.sendai@gmail.com




清水哲郎先生の著書

医療現場に臨む哲学〈2〉ことばに与る私たち
勁草書房
清水 哲郎

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 医療現場に臨む哲学〈2〉ことばに与る私たち の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル













被災地あれから2年半

★南三陸ー防災対策庁舎跡

辺り一帯雑草が生えている以外何にもない所に、

ここにだけは観光バスやマイカーが集まっています。

人々は何も言わずに、カメラを向けたり線香をたいたりしています。

画像



★歌津の仮設店舗

国道45号線沿い、お昼時だというのに…お客さんは??

沿線の道の駅の賑わいと比べると…ちよっと寂しい。

海産物のお店で海鮮丼をいただきました。とっても美味しかったです(^o^)


画像



画像







気仙沼★ 帆布のバック★GANBAARE(ガンバーレ)

被災地 あれから2年半

★気仙沼 帆布のバックGANBAARE(ガンバーレ)

噂を聞きつけて、行って来ました。

小さな店内には丁寧に作られた気持ちのこもったバックがたくさん展示されてました(^O^)/

震災前は水産加工業をなさっていたとか。

今は、帆布でいろんなバッグや小物を制作されています。

「人と人とのつながりを大切に」したい‼

素晴らしい「縁」を糧に気仙沼から元気を発信したい‼

感動して、3ツ買いました。「気仙沼」という地名入りに拍手*\(^o^)/*

http://www.ganbaare.jp/

画像


画像






第87回全国花火競技会(大曲花火大会)

今年も行って来ました…やっぱり日本一(((o(*゚▽゚*)o)))

音楽に合わせて打ち上げられる18000発、どれもこれも本当に素晴らしい\(^o^)/

ずっと拍手しっ放しデス。

競技花火が素晴らしいのはもちろんですが

オープニングのナイヤガラ、大会提供、フィナーレと目が離せません。


普段は4万人の町が、この日は76万人(^o^)

会場案内のスタッフさん達、笑顔でもてなして下さって、嬉しかったです。

町中の人々が客人と共に酔いしれる一日です。

花火好きの母は「また来年も一緒に行こうね‼」とピーチに乗って帰りました。

上手く撮影できなかったので、大会ウェブサイトの画像をお借りしました。

画像




河川敷の駐車場~車・車・車 早い人は前日から来てます。花火終了後、ここでもう一泊して帰ります。

画像



大曲花火大会(全国花火競技大会)オフィシャルサイト 






常設展示★ベストウェスタンホテル

画像


画像


画像


常設展示ベストウェスタンホテル(中山観音隣)

もう何年も前から1点展示していただいてましたが、最近は2点になりました。
季節柄、「大曲花火大会」とギリシャや六本木の国立新美術館にも出展した「浴衣を着た少女」です。
2Fロビーです。ちょうど、六丁目農園(野菜のビュッフェレストラン〜連日大入満員)も入りましたので、是非お出かけ下さいませ。P無料。















夏の大掃除

汚れに汚れた換気扇
画像



ジョキンメイトの登場
画像



スプレー後数分放置、ティッシュで拭いたら浮いた汚れがこのとおり(^。^)
画像




コレで終了、ピカピカになった\(^o^)/ 素手でやりましたが、全然手が荒れないのはさ〜すが‼
画像




嬉しくて、勢いに乗って庭の掃除。汗ダラダラだけど、なぜか爽やかな気分です。葛岡の焼却場へ自己搬入しました。
画像




仕上げは、北中山整骨院へ‼ 世の中は、お盆休みだというのに、道子先生は通常営業で診療中。ありがたい・ありがたい
画像





哲学サロン

第27回哲学サロンのご案内

≪最期の日々の医療≫
◎講師は清水哲郎先生(東京大学死生学・応用倫理センター特任教授)
 ↓↓↓画像は清水先生です。
画像

画像


★日時;7月20日(土)14~16:30
★会場;旅カフェ サマルカンド(メディアテーク隣コンビニ2F)
★参加費;1.000円(飲み物と資料代)
★定員;40名
★申込み先(哲学サロン仙台事務局)
philosal.sendai@gmail.com

高齢期の生き方について考えるシリーズです。前回、人世の最期が近づいた時の医療について、自分の場合と家族の場合の違いを考えました。
今回は、医療にはどういうことを≪してほしい・しないでほしい・終わりにしてほしい≫か、また、その希望は実現できるかを考えます。

毎回楽しみにしている会です。重いテーマにも関わらず毎回熱心な参加者が、意見の交換をします。
清水先生は結論を出すことを各自にお任せになり、問題提起や考え方をアドバイスしてくださいます。


清水哲郎先生の著書
医療現場に臨む哲学
勁草書房
清水 哲郎

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 医療現場に臨む哲学 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル






医療・介護のための死生学入門
東京大学出版会

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 医療・介護のための死生学入門 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル















若柳地織

画像

製作者の方とツーショット

画像


画像


若柳地織≫    宮城の伝統的工芸品

1915年、豊田佐吉翁が発明したとのこと。

トヨタ自動車の創始者喜一郎氏のお父様です。

第一号トヨペットを見ずに亡くなった創設時のおじいさんのご苦労を見てきた現社長の豊田章男氏は、

今や押しも押されぬ世界のトヨタの社長です。

戦後、栗原で花形産業だったものが、今はもう千葉孝機業場さん一軒しか残っていないそうです。

100年前から今も動いている織り機のご機嫌を伺いながら織ったというシャツを購入しました。

綺麗な色・綿100パーセントの肌触り・縦糸横糸がしっかり織りなす生地に感動して*\(^o^)/*


宮城県栗原市若柳字川北塚ノ越12








ちぎり絵付きのウチワ

画像


画像


画像


和歌山の書道教室とのコラボ。

仮設住宅などにお住まいの被災者の方々へプレゼントするウチワです。

子供達が遠く離れた被災地に思いを馳せて、思い思いのメッセージを書いてくれました。

卒業生・受講生の皆さんが、ちぎり絵を貼って完成‼

一昨年から続けてるボランティア。

今年も400枚お届けできて嬉しい*\(^o^)/*







ハノイのホテル

ハノイ・・・女ふたり旅・・・

画像


画像


画像


画像




英語が話せるわけでもないのに

母の一番の楽しみは、≪現地の人とコミュニケーションする≫こと。

今回もホテルでドライヤーが動かなかった時のこと~フロントに電話して、

「エクスキューズミー アクシデント ドライヤー 今すぐカモン!」 これで解決!


 また、レストランで、「春巻きを食べたいよね、何と注文したらいいのかなあ・・」

「どうせわからないんだからスプリングロールって言ってみようか」これも解決!


 現地の人に笑顔で「シンチャォ」と挨拶します。

朝・昼・晩いつでもこの一言でOKと教えてもらったので。


二番目の楽しみはいつの頃からか、≪エステに行く≫こと。

「旅行先では、年齢を聞かれたら10歳はサバ読もう」と言いながら、若いふりして・・・

2回行きました。

83歳現役続行中の母です。

私はもっぱら傾聴ボランティアとしてお伴します。






ベトナムの料理

フランス料理・中華料理・ベトナム料理~どれもこれもとっても美味しい(^O^)/

朝から果物三昧~美味しい(^O^)/
画像



画像



画像



画像



キノコ鍋。

こんなに暑いのに、鍋?と思ったけど、本当に美味しかった。

キノコ数種と鶏・エビをピーナツのタレでいただきます。

最後は空芯菜とラーメンで、ごちそうさまでした。

お店の人がずっと給仕してくれ、しあわせ(^O^) フォーも美味しい(^O^)/



 
画像


画像


画像













ベトナム(ハノイ)の街路樹&バイク

●ハノイ・・・街路樹・・・
街中、咲き誇っているのはバンランという薄紫の花。さるすべりにも似た感じ。


画像



大きな木は門の横に植えられたガジュマル。この門を通って村に入ると、老女がツマヨウジを作ってました
画像



画像


火炎樹、激しい真っ赤な花。大きな火炎樹の木陰で露店市が開かれている。冷たいミネラルウォーターを買って一休み。
画像



●ハノイ・・・バイク×バイク×バイク・・・
朝の道路はバイクでいっぱい。

たま~に信号で停まるぐらいで、右に左にと空いたスペースをくぐりぬけてゆく。

車の前だろうが後ろだろうが関係ない。

二人乗りは当たり前、家族3人乗りで、子どもは朝食を食べながら・・・なんてたくましいんだろう!

 排気ガス対策の柄物のマスクがたくさん売っていた。


画像









ベトナム(ハノイ)のフラワーショップ

画像


画像


画像


画像


35~38度という暑さの中、フラワーショップがアチコチで見られたこと、

しかもバラがたくさん店頭に並んでいるのが意外でした。

フラワーキーパーはなく、花瓶に入れて並べているのです。

それほど色数はないようですが、とても新鮮でしっかりしたものです。

2枚目の画像では、若い店員さんが赤いバラだけで大きなスタンド花を作っていました。

バラのブーケも売られていましたが、「バイクでどうやって持ち帰るんだろうか?」と

思ってしまいました。

ラッピングはとっても派手で、リボンをた~くさん使って超豪華

ベトナム人はこういうのが好きなんですねぇ(^O^)













出張講習会

これまで本当に多くの場所で多くの方々と、花の講習会を楽しんでまいりましたが、2016年末で終了することになりました。地域・年齢を超えてこよなく花を愛される多くの皆様との出会いに感謝しております。ありがとうございました!




全国どこでも出張講習会を承ります(^O^)/

幼稚園、PTA、社会人講座、地域の交流会や各種サークル、住宅展示場やさまざまな研修などなど、喜んでお伺いします。

過去10数年間、本当に多くの方々が繰り返し「はな工房チャイブ」の講習を楽しんでくださっています。
安心してお申込みください!

何回でもお伺いできるように、たくさんのメニューをご用意しています。
内容などは、できる限りご要望にお答えします!!
 
宮城県外からのご依頼については、交通費のご負担いただきますことをご了承くださいませ。


≪MENU≫

●押し花
 ハガキ  ウチワ  カード  タペストリー  welcomeボード  ファイル  アクセサリー  コースター etc

画像



●フラワーアレンジ
 生花・造花・木の実・リースetc,

画像




画像


画像


画像


画像


画像


画像

















第15回日本の美術★全国選抜作家展

2010年2月5~8日   上野の森美術館

画像



押し花作品。

着物を押し花で表現するのは、とても楽しい。

イメージが膨らんでドンドン進みます(^o^)

ポストカードにもなって、会場で販売されました。

*この作品は、311東日本大震災で、粉々に壊れてしまいました(-。-)y-゜゜゜



日・ギリシャ修好110周年記念展

画像

画像



画像



画像

↑↑ 「ゆかた大好き!!」

日・ギリシャ修好110周年記念展

●第1期 2009、10/8~17    第2期 2009、10/21~30

●メリーナ美術館(アテネ)

日本的な作品、浴衣を着た少女を押し花で制作しました。

押し花での表現の可能性が大きいことに、

感動しながら楽しく一気に仕上げました。


地中海地方の小学校に、日本を紹介するパンフレットが配られるとか・・

この作品もその一つに選ばれました。

なんて光栄なことなんでしょうか(^_-)-☆

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Heart Art in ATHENS

●開催会期:2010年1月21日(木) ~2月1日(月) ※1月26日(火) 休館

●開催会場:国立新美術館

(東京都港区六本木7-22-2)

 ギリシアから巡回してきたものです。

遊美堂さんの企画に参加させていただくことになりました。


画像


画像



画像








ミネルヴァⅤ

2009年10月23日~26日。

横浜・みなとみらいランドマークホテル。

テーマ「私のターニングポイント」


50歳で「はな工房チャイブ」を立ち上げたことです。

花の仕事がしたい! 花友達の輪を広げたい! と、笑顔の花を咲かせてきました。

「人はみなそれぞれの花」であることも伝えながら、

自らも、喜びの花を咲かせています。



画像






タヒチ;展示会場&歓迎セレモニー

タヒチのパペーテ市庁舎で開催された「日本まつり」

今回は5回目の一大イベント(2009、2/24~27)

あの超有名な画家:ゴーギャンの暮らしたタヒチ(^O^)/ 

親日家が多いそうで、大いに歓迎されました(*^_^*)



画像



画像



画像

作品のタイトルは『大曲の花火大会日本一』
花火好きの母と楽しんだ感動を表現しました。


画像



画像


 「一緒に写真を撮ろう!」と声をかけると、

サーッと並んでくれました(^O^)

公用語はフランス語。しゃべれなくても平気、笑顔とゼスチャーで通じます。

あとは「メルシー」と笑顔で言うとOKデース。

会場で折ったツル「TSURU」を手にして・・・(ちょっと見えにくいですけど)



画像

親日家の多いタヒチ、日本のアートを熱心に鑑賞してくださってます。



画像




画像


押し花のワークショップを行いました。

タヒチには押し花文化がないようで、皆さん珍しがって喜んで楽しんでくださいました。

展示会場で、押し花のワークショップをしました

 桜の花をたくさん押し花にして、持って行ったところ、

「SAKURA・・」「SAKURA・・」と大変喜ばれました。

言葉は通じなくても笑顔と笑顔で、楽しい交流♪ (フランス語の通訳を二人つけていただきましたけど・・)


年中・島じゅう・お花が咲き乱れているので、わざわざ 押し花にする必要はないのかもしれませんね~

タヒチの方々は、咲いている花を惜しげもなく取って、

家の中のあちこちに飾ったりご自分の髪にもつけて、とっても贅沢に楽しんでおられました。








タヒチ;小学校での押し花教室

展示会場でのワークショップをごらんになっていた小学校の校長先生が、

「ぜひ、わが校に来て教えて!」とのお申し出があり、

もう一人の押し花作家さんと二人でお伺いしました。

覚えたばかりのにわかタヒチ語を、得意げに話したところ、

なんと、「こんにちわ~」「ありがとう~」と逆に子供たちから言われびっくり(@_@)

有名私立小学校とかで、とっても涼しいお教室で優秀な子どもたちが興味津々でした!!


画像



画像



画像


このピンクのシャツを着た方↑↑が校長先生です。

大の親日家。子どもたちに、富士山・京都などの日本のスライドを見せたり、日本語を教えておられました。

感激\(^o^)/


タヒチ;マルセルさんのアトリエ

かの巨匠ポール・ゴーギャンの孫でいらっしゃるマルセルさんのアトリエを訪問しました。
直系のお子さんや孫さんたちが大勢いらっしゃるそうですが、その中でマルセル・タイさんが、ゴーギャンの作品を大切に大切に守っておられるとのことです。

残念ながら、本物の作品はすべて、世界の有名美術館に納められていて、マルセルさんの手元にあるのは、2人の画家が描いた複製のみでした。

美しい海や緑・花が見下ろせる高台の一角にご自宅とアトリエがあり、お招きいただきました。

まるで、お花御殿(^o^) 中国人の素敵な奥様もお花が大好きとのことで、二人でお花の世話に余念がないようです。ご夫妻に囲まれて。紫色のドレスを着ておられるのが、奥様です。

画像




画像


画像



画像

幅3.8mもある超!有名な作品

『われわれはどこから来たのか われわれは何者か われわれはどこへ行くのか』

コレが、ゴーギャンの最後の作品です。

意識がもうろうとする中「もうこれで終わりだ」と思いながら描かれた作品だそうですが、実際は、生命感にあふれた最高傑作となりました。 現在、ボストン美術館に納められているそうです。